酔拳とは 酔拳の歴史 基本ルール 応用篇 普及委員会


PRODUCTS

◆ 遊び方

・ 遊ぶ人数      3人〜10人ぐらい
・ 用意するもの   酔拳用紙、各自の印鑑

まず、会の取り纏め役が、口上を述べ、みんなで拍手を打つ。

好きなお酒を飲み、一杯飲み終えたら、飲んだ人が一から順に自分のハンコを押していく。飲んだら押すのだから、続けて同じ人が押してもよい。

九十まで全て埋まったら、また取り纏め役が口上を述べ、みんなで拍手を打って終わり。



◆ 口上
<始め>
少彦名命
( すくなひこなのみこと )
のもとで、
多き岩井の水を ()む。
これより酔拳、始め(そうろう)
<結び>
めでたく○○殿、(すい)の字いたり、
ここに我等(われら)も狂いたり。
結びの三本、お手を拝借(はいしゃく)。よぉ〜!


ライン